For French/English

日本初!簡単に生地をピンと張れる刺繍枠のApllon
「Apollon Japonaise」は登録商標です

商品の購入

menu

アポロンからのお知らせ
CotohaさんのWSレポート

le 17.Oct.2018

先週土曜日、Cotohaさんをお招きしてメンフクロウブローチのWSを開催しました。

 

 

今回のレッスンでは、2種類のキット材料が用意され、ファーやスパンコールの使い方を学ぶことができました。

手のひらに収まる小さなメンフクロウの刺繍ブローチ。

 

コレなら簡単にできそう♡

先ずは全体の輪郭を刺繍して両目を縁取って黒いビーズで刺し埋めて!

ですが刺繍を進めていくと

「あれっ?何かCotohaさんのと違います~」

とテーブルのアチコチから皆さんの声。

そうなのです。

手の大きさ、糸運びの角度、糸を引く力加減、全て人それぞれ違うように、刺繍の出来上がりも違います。

そこが刺繍の魅力♡

Cotohaさんの作品は糸で刺し描きますから、ほんの僅かな糸の向きや長さで様々な表情の動物が生まれます。

 

 

希望者にはクロシェのプチ体験時間もあり、周囲をリュネビル刺繍で仕上げる参加者もいらっしゃいました!

初体験でコツを掴んで頂けて嬉しいです(^^♪

 

Cotohaさんの手にかかると、ファーを纏ったメンフクロウが

みるみるうちに完成!

 

刺繍を施す午後のひと時はあっという間に過ぎていきました。

参加者のみなさま、貴重な週末をありがとうございました。

今回は特別に新作のお披露目もあり、思わず目があった作品を欲しくなり皆さんと胸がキュンとする場面もありました♡

刺繍作業に時間がかかるのはもちろん、作品に至るまでのデザイン、素材選び、色合わせ、材料の調達と、一つの刺繍作品には作家さんの想いと時間が詰まっています。

力強い作品の数々に改めて心が躍りました。

 

レッスン終了後、アトリエにある刺繍台モイライを興味深くお試しくださいました。

木と真鍮で作った刺繍台。とってもお気に召してくださいました。

ありがとうございました(^^♪

 

 

次回のCotohaさんのWSは11月20日です。

キャンセル待ちも頂いている状況です。

少しでも多くの方々にオートクチュール刺繍を楽しんで欲しいので来春2月、CotohaさんのWSを企画する予定です。

11月には日程詳細をご案内いたいますので、どうぞよろしくお願い致します。

Cotohaさんのネコ刺繍ブローチのデビュー作。

この作品から、たくさんのネコが生まれたそうです。

やっぱり存在感がありますね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.10.26